事業案内Business

「事業について」=基幹事業と将来事業について

MCS(メディカルコミュニュケーション)事業

日本は世界に先駆けて少子高齢化社会に突入し、2040年には高齢人口が4000万人とピークを迎える「2040年問題」があります。
増大する高齢人口を支える医療機関における医療従事者の労力や負担は増大し続けており、大きな社会問題ともなっています。
私たちは、医療機関を支える様々な施策に貢献する本質的な価値を提供して参ります。

現在の慢性的な人手不足の原因のひとつは医療現場が「高度に細分化し複雑化」したことで発生していると言われています。

私たちが提供できる価値

  1. 医療施設における「労働力を浪費してしまう作業」を大幅に削減し、「効率的に働くことができる環境を作る」ことにつながる製品やサービスの開発に注力して参ります。
    医療従事者の労力を適切に配分することが可能になれば、患者を回復させ、患者の満足度を高める一因にもなります。
  2. 製薬企業にとっても医療施設にとっても正確で質の高い情報を均一に、いかに患者へ伝えることができるかということは優先度が高い重要事項です。
    弊社では、デジタル患者処方指導箋やムンテラやアドヒアランスの向上といった施策に有効な製品やサービスを開発提供しています。

案件紹介

タイマー付き撹拌機

医療現場からの声をもとに開発した専用撹拌機。服薬指導書を読みながらタイマーを片手に撹拌し、静置させることが必要ですが、忙しい現場でかなりの手間がかかります。ワンタッチで決められた時間を撹拌し、決めらた時間にアラームでお知らせする「タイマー付き撹拌機」によって大幅な労力削減が実現しました。

Video Device

病状や製剤、医療機器の使用方法など説明に時間を要する複雑な内容を音声付きビデオ動画であればより均一な情報を患者様へお伝えすることができます。患者用処方指導として伝えたい情報をより正確に伝えるために開発された医療現場専用ビデオデバイスです。

オートインジェクター練習器/吸引指導練習器

オートインジェクターや吸引器、実薬を使用する前に練習が必要な様々な機器に練習器が必要です。
弊社ではそれぞれの病状に合わせた患者様の立場に立った意見を収集することで、本当に使いやすく分かりやすい練習器の開発を通じてより正確な処方指導を実現します。

私たちは、医療に携わる人々がより効率良く、より快適に医療行為ができるようにサポートすることを使命に今後も医療現場の声を開発に活かして参ります。

ヘルスケア事業

今まで国民を支えてきた医療保険制度を守り続けていくためにも健康寿命を促進させる対策が求められています。
弊社は、ヘルスケア事業を通じて、人々に健康であることの重要性を考える機会を提供し、健康行動をとるための仕組みやサービスを開発して参ります。
「人々の唯一共通の目的は幸福である。:アリストテレス」
私たちはこの幸福を支える大きな要素である「健康」を実現するため、物質的な「身体の健康」と精神的な「心の健康」両面を養い、育てるヘルスケア事業で、人類社会の発展に貢献して参ります。

デザインサプリは、ヘルスケア事業の一環として株式会社デザインサプリへ資本参加をしている事業のひとつです。
https://design-sapuri.co.jp

コンシュマーヘルスケア事業の一環としてフランスのPropolia社と提携してプロポリス製品の販売を行っています。
https://www.propolia.com.hk